2016年7月22日金曜日

夏休み親子体験バスツアー/中央区まちかど展示館運営協議会

夏休み親子体験バスツアー(主催/中央区まちかど展示館運営協議会)

「まちかど展示館」を広く知っていただくために、展示館の一部を活用して江戸文化を体験する「夏休み親子体験バスツアー」を開催します。夏休みの自由研究や思い出作りに親子で参加してみませんか?

小津史料館の見学と紙漉き体験とのれん・提灯・下絵の展示館の見学と江戸文字書き体験を行います。

①8月20日13時~17時
②8月24日13時~17時
対象者:中央区内在住の小学生(4年生以上)と保護者1名
各定員10組20名
参加費500円

詳細は、下記をご覧ください。
中央区まちかど展示館運営協議会
http://chuoku-machikadotenjikan.jp/news/news_20160715_01.html

2016年7月11日月曜日

ECO EDO 日本橋2016 に参加しています

ECO EDO 日本橋2016 7月8日(金)~9月25日(日) 
ゆかた・アートアクアリウムチケット特典に小津和紙は、参加しています。
ゆかた着用、もしくはアートアクアリウム2016のチケット掲示、
1,080円以上ご購入の方にオリジナルグッズをプレゼントしています。

ECO EDO 日本橋2016 http://www.nihonbashi-tokyo.jp/special/ecoedo2016/

2016年6月23日木曜日

2016見つける、新しい中央区わくわくツアー /中央区観光協会

中央区観光協会特派員がご案内します。
日時:①7月29日(金)10:00~12:00、
        ②11月11日(金)10:00~12:00
定員:各回10名
費用:500円
産業コース・老舗コースその2
江戸時代創業の老舗「刷毛・刷子の江戸屋」、「扇子の伊場仙」、「小津和紙」で、お店の歴史や商品の裏話を聞く。
詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
中央区観光協会
http://www.chuo-kanko.or.jp/

2016年6月22日水曜日

第68回毎日書道展/ 国立新美術館に出張販売

毎日書道展は本年68回展を迎えます。昨年の第67回展は、公募、会友、役員あわせて34,000点を上まわる出品があり、内容、規模とも、日本最大の書道展です。
小津和紙は、前期展Ⅰ期の期間、書道用紙などを出張販売いたします。入場券必要です。

出張販売
日時:平成28年7月6日~7月11日

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
毎日書道展
http://www.mainichishodo.org/syodoten/

第1回和紙サミット/島根県立大学コンベションホール

3部のパネルディスカッションに当社の山本取締役(株式会社小津商店)が参加いたします。

日時:平成28年7月2日(土)14:00~17:00
場所:島根県立大学コンベションホール
定員150名(入場無料)

1 基調講演
「石州和紙と神楽」講師 藤原宏夫
2部 ユネスコ和紙ブランド推進連携事業説明
「ユネスコ和紙ブランド推進連携事業について」 ユネスコ和紙ブランド推進協議会
3部 パネルディスカッション
「和紙の未来、活用拡大とその可能性」
パネラー 垣田勝郎面工房代表 垣田勝郎氏
「石州半紙」PR大使 千葉すず氏
株式会社小津商店 取締役 山本行高氏
石州和紙会館 館長 斉藤友昭氏
コーディネーター 浜田市長 久保田章市氏 

詳細は下記をご覧ください。
なつかしの国石見

2016年5月23日月曜日

和紙文化研究会特別講演 「オランダに渡った紙・欧州で使われる紙 -和紙の多様性の中で-」

和紙文化研究会の特別講演(有料)です。
①「江戸時代にオランダに渡った紙の多様性について」 安田智子講師
②「西洋の書籍修理と製本に使われる和紙について」 岡本幸治講師
③「海外で資料修復に活躍する和紙」増田勝彦講師
④パネルディスカッション「オランダに渡った紙・欧州で使われる紙 -和紙の多様性の中で-」

定員:100名
日時:6月18日(土)13時30分~17時
場所:小津本館ビル3F 小津和紙照覧(小津和紙)

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
和紙文化研究会 http://washiken.sakura.ne.jp/

終日、小津和紙照覧(和紙展示場)をご覧いただけません。
小津史料館はご覧いただけます。